Xfceの自動マウントでの文字コード指定方法

2010/02/05 by happybreeding Leave a reply »

Xの世界でもhalが一般的になって以降、リムーバブルメディアの自動マウントが一般的になってきたと思うのですが、自動であるがゆえの押し着せパラメータでマウントされてしまうことを残念に思っていました。

一方、GNOME方面に目を向けると、利用者の多さからか、ググってみると解決法(halのpolicyを定義する)が提示されているのですが、Xfceではその方法は使えません。

まあ、こういう力技な方法が見つかりはするんですが、さすがにそれはイヤなので、もっと正統派な方法がないものかと時折探していたところ、遂に正解に辿りつきました。

exo-mountを最新にすればよかったのね。2009/10/17以降の、0.3.106とか0.5.0以降にすると、マウントオプションを指定できる設定ファイルが導入されていて、そこに適切に設定することで、任意のオプションを指定できるのでありました。

こんな感じのテキストを、$HOME/.config/xfce4/mount.rcに書いておけばいい。

[iso9660]
-C=EUC-JP

しかし、これもiocharset=だと<auto>が使えたりするのに、-Cだと駄目なんだよね。これだからLinuxしか知らない連中は困る。でもソースいじると、バージョンアップで泣くからやらない。

コメントを残す